ガーデニング,店舗リフォーム【design art RISEのスタッフブログ】

ガーデンハウス製作販売、ガーデニング工事、店舗リフォームを
行っているデザインアートライズの日々奮闘日記!
SEO 検索エンジン アクセスアップ 対策
チムニーの下
 前回ご紹介したチムニーの下はというと、

薪ストーブ
こんな感じになっています。

オリジナルのストーブ台の上にちょっと小さめの
ストーブがのっています。

鉄を叩いたり、穴をあけたり、溶接したりして
つくった、鉄柵がとても似合います。
奥の薪のストックも演出のひとつになります。

石、塗り壁、鉄、木、炎
いろいろな素材が集まってできるこの空間。
いつみても癒されます。

もちろん、暖かいので離れられなくなります。
是非寒いうちに一度見に来てください。
| 薪ストーブ | 07:58 | comments(0) | -
薪ストーブライフ
 薪ストーブチムニー
オリーブの屋根にあるチムニー(煙突)です。

飾りではなく、ちゃんと稼働しているんです。
真っ黒になっているのは、エイジングではなく
本物のスス。

塗装でやる場合もありますが、
リアルのエイジングは説得力が違います。

自分の作った造形物も、自然の力で
さらにいい感じになります。

日本の屋根にもこんなチムニーをいっぱい
増やしていきたいですね。
| 薪ストーブ | 23:53 | comments(0) | -
ライズ プチ忘年会
先日お店(オリーブ)を利用して
ライズのプチ忘年会を行いました。

忘年会といっても、少人数で薪ストーブを
囲んで楽しもう!って感じのプチ忘年会です。

忘年会001
夕方からオリーブをパーティー会場にさせるための
準備に大忙しです。

ピザは市販のものにチーズやたまねぎを沢山のせて
豪華にしました。
本当は生地からやりたいのですが、
それはまた今度。

薪ストーブのなかに薪を沢山いれて、
中の温度をあげます。

忘年会003
手作りのピザピールを使ってピザを中にいれて
ほんの数分で焼きあがります。

と、写真はここまで。

このあとは忙しくて、おいしくて、焦げちゃって
あっという間だったので、
写真は撮れませんでした。

薪ストーブは本当にいろいろなことができて、
楽しいです。

これからも、もっとご紹介していきたいと思います。
| 薪ストーブ | 21:54 | comments(0) | -
薪ストーブ生活
夏の暑さも徐々に和らぎ、
これからは秋、冬に向けての準備の季節となります。

そこで提案するのが、薪ストーブ。

薪ストーブ
薪の確保さえできれば、燃料費はかかりません。
一台あれば、一軒分のぬくもりが確保されます。

「火を燃やすと二酸化炭素が出て温暖化では?」
と思うかもしれませんが、
地中から取り出す石油と違って、
間伐材を基本的に使う薪ストーブは
エコな燃料なのです。

地中にある石油は二酸化炭素を排出するだけで、
二酸化炭素を生むことはありません。
ですが、薪ストーブの場合は、
山の維持に欠かせない間伐作業の際に出る
間伐材を基本的に使います。

間伐作業とは、山で生産している木が成長するにあたって
混みあってしまい、下のほうまで太陽の光が届かなくなって
しまうことを防ぐために、木を切り倒して
透いてあげます。
一見、自然破壊に聞こえるかもしれませんが、
山にとっては、重要な作業となるのです。

火を燃すことはもちろん、二酸化炭素が発生するのですが、
間伐によって、山に新しい光が差すことによって
光合成が生まれ、
山は今まで以上の酸素を供給してくれるのです。

これを踏まえると、
石油ストーブより、薪ストーブのほうが
地球に優しい暖房器具になるのです。

また、ここで発足した民主党政権の考えでは
二酸化炭素発生マイナス25%と目標をかかげて
います。
使えば使うほど二酸化炭素が発生する
石油ストーブよりも、
山の間伐に貢献する薪ストーブのほうが、
貢献度は断然にあると思います。

もちろん、柔らかいあたたかさと、
燃えている火を見ているときの
ゆったり感も魅力のひとつです。

詳しくは専用のホームページで
ごらんください。
| 薪ストーブ | 23:52 | comments(0) | -
電話:04-2935-1661
お問い合わせフォーム
デザインアートライズのブログ
アンティーク雑貨・ヘアサロンOliveのブログ
メニュー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
最新の記事
カテゴリー
記事バックナンバー
コメント