ガーデニング,店舗リフォーム【design art RISEのスタッフブログ】

ガーデンハウス製作販売、ガーデニング工事、店舗リフォームを
行っているデザインアートライズの日々奮闘日記!
SEO 検索エンジン アクセスアップ 対策
高屋 修「南仏プロヴァンスの風と光」絵画展無事終了
11月26日、27日と2日間
自宅&お店&庭にて
高屋修先生の「南仏プロヴァンスの風と光」絵画展を行ないました。
絵画展01
天気にも恵まれ、とてもよい雰囲気で
開催する事ができました。

はじめて沢山の絵を飾らせて頂いたのですが、
いままでにない雰囲気でとても満足してしまいました。
以前プロヴァンスで見かけた画廊にも負けないくらいの
良い雰囲気をだすことができました。

地元入間市の財務副大臣の五十嵐先生も
忙しい中、見に来てくださり
ブログにまで掲載していただきました。
どうもありがとうございます。

期間中いろいろな出会いがあり、
僕にとっても、とても貴重な体験をすることができました。
お越しいただいた方々、協力して頂いた方々、
どうもありがとうございました。

この経験を元に、また皆さんに喜んで頂けるような
イベントを企画していきたいと思います。

また、12月8日から13日までは
大阪の茶屋町画廊にて
高屋先生の個展があります。
関西方面の方は是非足を運んでみてください。
| 絵画 | 21:53 | comments(0) | -
プロヴァンス絵画展11月26日、27日開催!!
 待ちに待ったプロヴァンス絵画展が
11月26日(土)、27日(日)に
開催いたします。
高屋修 油絵

しかも当日ははるばるフランスはプロヴァンスから
高屋 修さん本人が来日して2日間とも
会場にいてくれるそうです。

今年3月にフランスに行った際に
どうしてもウチで絵画展をしたくてお願いしたところ、
快く承諾していただいたので
念願の高屋修さんとのコラボレーションが
実現できます。

今まで絵を飾る習慣というのは特になかったのですが、
高屋修さんの絵を飾った瞬間に
部屋がプロヴァンスにグッと近づいた感じがあったのは
驚きでした。
最初リビングに絵を飾っていたのですが、
イベントの関係上、オリーブのお店に絵を引っ越した時は、
ポカンと穴が空いたような感じになって、
とても寂しい感じがしました。(ただ隣の建物に移しただけですが)

実際に飾ってわかった絵の力。
当日は、見に来てくれたたくさんの方々に
喜んで頂けたらと思っています。

現在、着々と準備中です。
デザインアートライズの作るプロヴァンスの空間と
高屋修さんのプロヴァンスの絵画。
空間と絵画を同時に楽しんでください。

年末の忙しくなるその前に、
是非一度足をお運びください。

ライズへの道順はコチラ↓↓↓
ライズマップ
オリーブ外観
この建物が目印です。
お待ちしております。

住所
埼玉県入間市二本木976−3
お問い合わせ
04−2935−1661(担当 栗原)
| 絵画 | 22:48 | comments(0) | -
高屋 修さんの絵画
 フランスに行った際に必ずお世話になる場所
前回行ったときは、リフォームも手伝わせて頂いたり、
車を借りたりと、僕に取って
とてもお世話になっている場所です。

そんなスカラベのオーナーの高屋修さんは
画家でもあります。

昨年11月にプランタン銀座で絵画展があった際に
うちで絵を飾らせて頂けるという事で
いろいろと準備をして
飾れるようになりました。

合計6点あるのですが、
なかでも一番の大作がこれです。
リビング高屋修
もともと何もなかった壁ですが、
絵がはいったとたんに、ガラっと雰囲気がかわりました。
マジックをみたかのような驚きでした。

プロヴァンスの空間を目指しているのですが、
グッと近づいたような気がします。
まだ小さな子供もいるので、ちょっと高めに飾ってありますが、
なんか急に部屋に厚みが加わったようなきもします。

逆に今度この絵を外したらポッカリと穴があいてしまうような
気もします。

こんな素晴らしい絵を飾らせて頂いた高屋さんには大感謝です。
そんな感謝を言葉ではなく、何か違った形で恩返しができるように
なっていきたいと思います。

基本的にはご連絡いただければいつでも6点の絵画をお見せできますので、
興味のあるかたは是非ご連絡ください。

| 絵画 | 18:58 | comments(0) | -
電話:04-2935-1661
お問い合わせフォーム
デザインアートライズのブログ
アンティーク雑貨・ヘアサロンOliveのブログ
メニュー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
最新の記事
カテゴリー
記事バックナンバー
コメント